採用試験

公立保育園と私立保育園の違い

保育園には大きく分けて公立と私立があります。
子供を預かるという趣旨は同じですが、保育士として働く場合にメリットが大きいのは公立の保育園になります。

運営母体による違い

公立とは地方自治体(市区町村)が運営しており、私立とは民間(社会福祉法人や宗教法人、企業など)が運営している保育園です。

給料面の違いは?

公立の保育園にて正規雇用で働くのは公務員として働くということになりますので、給料などは地方公務員に準拠した金額になります。

公務員の給料は民間の給料と大きな差がつかないように調整されますので、特に初任給に関しては大きな差はありません。
しかし、公務員がほぼ毎年昇給していくのに大して、私立の保育園では必ずしも毎年昇給するという保証がないことから、経験年数に応じて年収に差が付いてきます。

その代わり私立の保育園では園それぞれで給料が違いますので、経験や能力によっては公務員保育士よりも高額な年収を稼ぐこともできるかもしれません。

保育内容も違うの?

私立の保育園は様々なサービスを売りとしており、多くの園で延長保育や夜間保育を取り入れております。
しかし現在では公立の保育園でも保護者からの要望が多いことから、延長保育などを行っている所もあります。

保育士としての仕事の内容に大きな変わりはありませんが、私立の保育園の場合には保育園独自の特色(宗教、教育方針など)の違いから、保育内容が他の園とは全く違うこともありえます。

外国人からネイティブな英語を自然に学べる保育園も増えており、英語を話せる保育士が求められている保育園などもあります。

公立保育園では転勤がありえます

公立の保育園で働くことにおいてデメリットとなり得るのは、転勤(人事異動)があるということです。

採用された自治体にある保育園や児童福祉施設などを数年単位で渡り歩くことになる場合もあります。

あくまで地方公務員となりますので、特定の保育園に就職するということではなく、地方自治体で保育士として務めるという形態になります。
「家の近くにある保育園で働きたい」という希望も公務員保育士では叶わない事の方が多くなります。

公立保育園で働くために

上でもご紹介しましたが公立の保育園で働くということは、地方公務員の保育士として働くということになります。

保育士資格を習得しただけでは、すぐに公立の保育園で働くことは出来ないのです。

採用試験合格が条件です

公立の保育園で正規職員として働くためには、採用試験に合格しなければいけません。

自治体により違いますが、毎年保育士を募集していない場合もあり、基本的には欠員(退職者)が出た場合にのみ募集が行われます。

そのため倍率が数十倍になる地域もあるそうです。

募集は各自治体で行っています

市区町村にある役所、またウェブサイトでも保育士職員の募集内容を確認することができます。

多くの自治体で6月から8月にかけて募集が行われますが、募集する時期は決まっておりませんので、働きたい地域が決まっている人は募集時期を前もって確認しておくようにしましょう。

募集人数は若干名とされていることが多く、欠員が出ていても毎年募集がかけられるという保証はありません。
しかし前年度などの最終合格者数を見ると20名以上合格している自治体などもあります。

受験資格を要チェック!

受験資格としては、保育士資格を持っている人、または採用が次年度の4月からとなりますので、それまでに資格を習得する見込みのある人と規定されております。

採用試験の受験資格で最もネックになるのが年齢であり、多くの自治体で30歳前後までの人を募集しております。

自治体により募集年齢には幅がありまして、35歳までと規定し募集を行っている自治体もあります。

他にも、「その自治体に住んでいる人」などの規定が設けられている場合もありますので、居住地以外の自治体の採用試験を受ける場合には注意が必要です。

気になる試験の内容は?

試験は1次試験と2次試験で行われまして、2次試験は1次試験合格者のみ行われます。

1次試験は教養試験と専門試験が行われ、教養試験の内容は高等学校卒業レベルの問題であり、5科目(国語、数学、英語、理科、社会)を軸に、現代文、物理、化学、政治、経済など幅広い試験範囲となります。

専門試験は保育士として学校または試験対策で学んだ分野となりますので、現役の学生や受験生の場合は、過去問題の確認などで乗りきれると言われます。

2次試験は面接(口述試験)が行われます。

上記が最低限行われる試験であり、自治体によって適性試験や小論文(作文)、またピアノ演奏などの実技試験を実施している所もあります。

試験日は?

7月、8月募集で9月に1次試験という自治体が多く、その場合は10月か11月に2次試験が実施されます。

養成学校に通っている人でしたら学校も採用試験を考慮して対策などを行ってくれる場合もありますが、保育士試験合格での資格取得を目指している人の場合は、保育士試験と日程が近いことから、同年度の受験は難しいと考えられます。

合格しても保育士として働けない!?

採用試験に合格したからといって、すぐに保育園で働けるということではありません。

採用試験合格者は採用候補者名簿に登録され、保育園や児童福祉施設、養護施設などからの採用希望を待つことになります。

万が一、どこの施設にも配属が決まらず、登録有効期限である1年間を過ぎてしまった場合には、再度採用試験を受けなければいけないということになってしまいます。

  • 【保育士試験の合格を目指す】ピアノ実技試験!?受験資格や内容・合格率を知る
  • 【保育士と幼稚園教諭の違い】資格や仕事・年収の比較から違いが見えてくる

  • 【保育士になりたい人へ】保育士になる為に必要な資格の紹介など
  • 【保育士の仕事って大変?】具体的な1日の流れや、実際の職場の紹介
  • 【保育士エトセトラ】認可と無認可保育園の違いや男性保育士の実情とは?
  • 【幼稚園と幼稚園教諭もきになる】年収や必要資格から見た保育士と幼稚園教諭の違いとは